犬の口臭が臭くなるのは、ドッグフードが原因であることがあります。

どうして、ドッグフードが口臭の原因となるのでしょうか?

その原因と対策についてみていきます。

スポンサーリンク

ドッグフードの傘下で口臭が臭くなる!?

ドッグフードは、空気に触れると酸化していきます。

厳密に言うと、ドッグフードに含まれている油脂が酸化するのです。

酸化したドッグフードを食べると、口臭は臭くなります。

少なくとも、酸化していないドッグフードと臭いが異なるので、違和感を覚えます。


口臭が臭くなるだけでは済まず、最悪の場合下痢や嘔吐を引き起こすこともあります。

胃腸の疾患により、さらに口臭がひどくなる可能性もあります。

犬の口臭はドッグフードで臭くなる!?

これらのことからも、ドッグフードの酸化には注意が必要です。

開封したドッグフードは、なるべく早く食べさせるようにしましょう。

目安としては、開封後1~2カ月で食べきる量を購入するのが最適です。

そのため、割安で購入するために、必要以上に大きなサイズのものを購入しないようにします。

セールでのまとめ買いも避けます。

未開封でも、製造後時間が経つと、多少なりとも酸化が進んでいると考えた方がよいためです。

その都度、新しいドッグを購入して食べさせるようにしましょう。

スポンサーリンク

ドッグフードが犬に合っていない場合も口臭が臭くなる!?

ドッグフードの酸化以外でも、口臭が臭くなることがあります。

それは、ドッグフードが犬に合っていない場合です。

合っていないと、消化不良などを起こします。

このことで、口臭が臭くなることがあります。

犬の口臭はドッグフードで臭くなる!?

また、ドッグフードが合っていないと、犬は大きなストレスを抱えます。

ストレスで食糞するようになることがあります。

食糞すると、当然口臭は臭くなります。


また、普段食べさせているドッグフードだけでは、必要なビタミンが摂れない場合も要注意です。

このような場合も、食糞して再度ビタミンを吸収しようとします。


このように、ドッグフード自体に問題がある場合は、ドッグフードを最適なものに替える必要があります。

ドッグフードに含まれる材料や栄養分をチェックして選ぶようにします。

選ぶのが難しい場合は、獣医師に相談するとよいでしょう。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事