夏至とは二十四節気の1つです。

読み方は「げし」です。

ここでは、小満とはいつのことで、どのような意味があるのかなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

夏至とは!その意味は?

夏至とは、二十四節気の10番目で夏の4番目の節気です。

夏至は、1年の中でもっとも昼が長い日です。

その分、夜は短くなります。

この日は、1年の中で太陽がもっとも高い位置に達します。

夏至を迎えると、いよいよ夏が本格的にやって来ます。


スポンサーリンク

夏至はいつ?

夏至は、年によって日にちが変わります。

2021年の夏至は6月21日となっています。


実は、節気にはその1日だけを意味する場合と次の節気までの期間を意味する場合があります。

前者なら、6月21日のことを指します。

後者なら、6月21日から7月6日までを指します。

ちなみに、次の節気は小暑で2021年は7月7日です。


その後の5年分は次のとおりです。

  • 2022年は6月21日
  • 2023年は6月21日
  • 2024年は6月21日
  • 2025年は6月21日
  • 2026年は6月21日

20日・21日・22日のどれかになります。

夏至におすすめの食べ物

夏至におすすめの食べ物についてご紹介します。

タコ

関西地方では、豊作を祈って蛸を食べる習慣があります。

この頃になると、タコがよく獲れます。

ブランドの明石タコが人気です。



サバ

福井県では、半夏生にサバを食べる習慣があります。

丸ごと1匹を焼いて食べます。

香ばしくて非常においしいです。



うどん

香川県ではうどんを食べます。

半夏生にうどんを振る舞う風習があります。

7月2日はうどんの日と定められています。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事