フィミリーフィッシングで人気のテナガエビ。

テナガエビは、どの時期・どの時間帯に釣れるのでしょうか?

ここでは、テナガエビ釣りの時期と時間帯についてご紹介します。

スポンサーリンク

テナガエビとは?夜釣りは可能?

テナガエビとは、淡水域や汽水域に生息しているエビのことです。

ヒラテテナガエビやミナミテナガエビなど、いろいろな種類がいます。

釣りをする人なら知っているかもしれませんが、そうでない人はあまり聞いたことがない名前かもしれません。

テナガエビの大きな特徴は、名前のとおり手が長いです。

テナガは手長という意味です。

しかし、実際に手が長いのはオスだけです。

メスの手は長くありません。

産卵期のメスを守るために、オスには長い手が付いているのだと言います。

テナガエビ釣りの時期(シーズン)と時間帯

肉食性で、体長は20cm以上(長い手を含む)になります。

寿命は1~3年ぐらいです。


テナガエビは、日本全国の河川(汽水域含む)湖沼に生息しています。

消波ブロックやゴロタ石などの障害物の隙間などに潜んでいます。


夜行性のため、夜にエサを求めて動き回ります。

そのため、夜釣りが最適です。

ただ、周りが見えないので危険です。



日中は、障害物の隙間などでじっとしています。

ただ、近くにエサをが来ると、エサに反応しますので、日中でも釣れなくはありません。

曇っていれば動き回ることもあります。

晴れている日の方が活性が低いです。


基本的には、水深が浅い場所の方がよいです。

釣れなければ、少し深めを攻めるなど水深を変えてみます。

テナガエビは、あまり激しい流れを好みません。

どちらかというと、流れが緩やかな場所水が淀んでいる場所にいます。

スポンサーリンク

テナガエビがよく釣れる時期

テナガエビは、5~9月によく釣れます。

梅雨の時期がおすすめです。

家族連れなら、浅場でもよく釣れる夏から秋にかけてが最適です。

子供とワイワイ騒ぎながら釣るのも面白いです。

周りにいる人に、迷惑がかからないようにしなければいけませんが・・・


テナガエビは、上の時期以外でも釣ることは可能です。

基本的に、1年を通して釣ることができます。

テナガエビがよく釣れる時間帯

おすすめの時間帯は、朝夕マズメです。

晴れているとあまり釣れないので、それほど明るくない時間帯がよいです。

そういう意味では、曇りの日雨の日も狙い目です。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事