テナガエビは釣ることができます。

エビを竿で釣ることに抵抗のある人がいるかもしれません。

テナガエビを釣る人などいるのかと思うのですが、実はものすごく人気のある釣りです。

魚なら針がかりしやすいのですが、エビとなるとなかなかうまく針がかりしてくれません。

初心者は、バラシ連発だと思います。

やっているうちに、コツがわかるようになって釣れるようになります。

ここでは、テナガエビの仕掛けと釣り方・エサについてご紹介します。

スポンサーリンク

テナガエビの仕掛け

どのような仕掛けでテナガエビを釣るのでしょうか?

仕掛けは、次のとおりです。

  テナガエビの仕掛けと釣り方・エサ

よく見かけるようなウキ仕掛けです。

竿

竿は、1~3mほどのノベ竿を使います。

ノベ竿とは、簡単に言えばリールを使わない竿のことです。

テナガエビに対応した竿がおすすめです。

ハゼ竿・タナゴ竿・渓流竿・ヘラ竿などでもよいです。


長さは、釣りに行く場所やポイントによって使い分けるのがベストです。

浅いポイントや足元を狙うのなら1~2mほどの短い竿で十分です。

一方、比較的深いポイントや少し離れたポイントを狙うのなら、2~3mほどの長めの竿がよいです。


大きなエビを釣るわけではありませんので、柔らかめの竿の方が釣りやすいです。

硬いと、テナガエビに違和感を与えてしまいます。

喰いが悪くなる恐れがあります。

それに、アタリがわかりにくくなります。

道糸

道糸は、ナイロンまたはフロロカーボンの0.6~1.5号を使います。

道糸は細すぎても、太すぎてもいけません。

細いと、障害物などに擦れて切れてしまいます。

太いと、風などの影響を受けやすいです。

ウキ

ウキは、玉ウキ棒ウキを使います。

3~5号の小さめの玉ウキが使いやすいです。

小さなウキを使うのは、浮かせて使わないためです。

水中に沈めて目印として使います。

ハリス

ハリスは、0.3~0.4号を使います。

長さは5~10cmほどにします。

針は、エビ針の1~3号タナゴ針の1号がおすすめです。

仕掛けは、自作のものでもよいですが、市販のものを購入した方が楽です。

根がかりしてもよいように、仕掛けは少し多めに用意しておくと安心です。

スポンサーリンク

テナガエビ釣りのポイント

テナガエビ釣りのポイントについてご紹介します。

テナガエビは、どのような場所にいるのでしょうか?

夜行性のため、夜は活発に動き回りますが、日中は基本的におとなしくじっとしています。

そのため、日中の釣りではテナガエビがいそうな場所を攻めるのが効率的です。

消波ブロックや石などの障害物の隙間が絶好のポイントになっています。

日陰になっている場所がよいです。

テナガエビ釣りのエサ

テナガエビ釣りのエサについてご紹介します。

エサは、生きた赤虫を使います。

ちょん掛けします。

アタリがない時や針がかりしない時は、通し刺しにするとよいです。

アオイソメミミズでもOKです。

テナガエビの仕掛けと釣り方・エサ

テナガエビの釣り方

テナガエビの釣り方についてご紹介します。

ポイントが見つかれば、ウキ下を調整します。

仕掛けが底に着いた時、ウキが水面下2~3cmぐらいの位置にくるようにします。


いよいよ仕掛けを投入します。

投入後は、アタリを待ちます。


テナガエビは、エサを巣に運んで食べます。

そのため、ウキは沈んだり、横へ移動したりします。

テナガエビが、エサをつかんでいるためです。

この時に合わせても針がかりしません。


アタリがあってから、20秒ほど待ちます。

この間に、テナガエビがエサを食べています。

ここで、軽く竿を立てて合わせます。

合わせが遅れると、エサがなくなって針がかりしません。

どこで合わせるかが、テナガエビ釣りのもっとも難しいところです。


針がかりすれば、重みを感じます。

重みがあれば、ゆっくり引き上げるだけです。

励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事