9月30日付けでジャニーズ事務所から契約を解除された田中聖。

その田中のインタビューが、発売中の「フライデー」に掲載されているといいます。

田中の現在の心境が明らかになります。

 同誌によると、田中は自宅前で取材に応じ、「あまり詳しくは話せないんですが…」と前置きしたうえで取材に対応。「これまでたくさん迷惑をかけてきたので、しょうがないと…」、「ルールを守れない部分が多すぎた」と解雇を素直に受け入れ、残った4人のメンバーたちに対しての思いを「『ありがとう』と『ごめんなさい』しか思いつかない」、「田中が抜けたことで『KAT-TUN』が前より売れたって言われるようになれば、僕としてもうれしい」と語った。今後の芸能活動については、「マイナスからですけど、少しずつ何かできればなとは思います」と歌手業を中心に活動を行いたいことを明かした。

(リアルライブより引用)


とても反省しているようですね。

正直、もう少し早くこのような気持ちになっていたら、解雇されるところまではいかなかったのではないでしょうか?

メンバー全員で何度も話し合いが行われたり、メンバーから田中へ注意することもあったようなので、その時に改心できていたらと思い、残念で仕方がありません。

田中は、まさか解雇されるとは夢にも思わなかったのでしょう。

これぐらいなら大丈夫という甘えが、命取りになったと思われます。

残りの4人のメンバーには、謝罪と感謝の気持ちが強いようです。

ファンや関係者はもちろんですが、残りの4人には本当につらい思いをさせましたね。


先日、中丸が田中に対して怒りをあらわにしていました。

田中が解雇されたと悔しい思いと、何とかしてやれなかった自信の情けなさなどいろいろな思いから、あのような発言をしたのだと思います。

中丸の田中に対する思いの強さが出ていますね。


もう済んでしまったことは元には戻せません。

田中がこれから頑張って活躍することが、せめてもの恩返しになるのではないでしょうか?

しかし、田中の今後は決して楽なものにはならないと見られています。

 田中は芸能活動を続けたいようだが、違法行為以外でグループの所属メンバーが事務所をクビになったのは史上初。「ただでさえ、ジャニーズを辞めたタレントは拾ってくれる事務所がなかなか見つからず、活動が困難な状態に追い込まれてしまう。札付きの田中に手を差し伸べる事務所は今のところはないだろう」(芸能記者)というが、田中がどうやって芸能界で再起するかが注目される。

(リアルライブより引用)


ジャニーズ事務所の怒りはわかりますが、何とか田中にもう一度チャンスをあげて欲しいですね。

歌手でうまくいかなければ、今後の田中がどうなってしまうのか心配です。

手を貸して欲しいとは言いませんので、せめて田中を温かく見守って欲しいですね。


しかし、その田中によくない噂が出ています。

実は田中が契約解除されたのは、ドラッグ疑惑と「関東連合」との黒い交際が原因だというのです。

 田中といえば、“半同棲”していた元AV女優の倖田梨紗(28)が、5年前に覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反容疑で逮捕されている。
 「倖田と一緒に逮捕されたのは、元テニスプレーヤーで当時『KAT-TUN』だった赤西仁率いる“赤西軍団”の一員のMでしたが、倖田が薬に手を染めたのはMの前に半同棲していた田中にフラれたのがきっかけでした。さらに、当時から“赤西軍団”は六本木や西麻布界隈を根城にしていた『関東連合』と親しく、倖田のドラッグの入手ルートも『関東連合』関係者からといわれていた。そのため、当時は赤西にもドラッグ疑惑が浮上し、逮捕情報まで流れたんです」(夕刊紙記者)

(中間削除)

 そんな田中が、今年初めに“市川海老蔵殴打事件”の現場になった西麻布のビルの7階に会員制バーをオープンし、たちまちファンの間でも有名になった。
 「ジャニーズは副業禁止のため、5月には同店を閉めた。田中が正式に契約解除された9月30日は、ファンに送った下半身写真が掲載された雑誌が発売された日ですから、その写真が引き金になったのは間違いありません。ただ、それ以前から田中の素行の悪さが問題になっており、特に“ドラッグ疑惑”と黒い交際疑惑が表面化する前に契約を解除したんです」(レコード会社関係者)

(リアルライブより引用)


何回もこれに近い噂を聞きました。

田中を信じたいです。

しかし、あまりにも近いところにドラッグや「関東連合」の存在があって、疑ってしまいそうになります。

もちろん、この記事も根も葉もない噂で真偽のほどもわかりません。

こういう疑惑については、本人の口から否定して欲しいですね。

そうすればファンも安心だと思います。

それでなくても、手を差し伸べてくれる事務所がないのに、このような噂がでるとさらに厳しい状況に追い込まれてしまいますね。

今が辛抱の時かもしれません。

これからの田中の復活を期待したいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!