関ジャニ∞・村上信五とブラックマヨネーズがMCを務める「村上マヨネーズのツッコませて頂きます!」が、10月20日の深夜から始まりました。

この番組は、世の中の女性に関するさまざまなことにツッコミを入れるというものです。

10日放送の冒頭で、村上から「なんでもかんでも“かわいいかわいい”っていう女子なんでやねん!?」というツッコミが入ります。

これは、どういうことなのでしょうか?

村上としては、食事の時の例を挙げて「“皿がかわいい”だの、“フォークがかわいい”だのなんでも“かわいい”と言い過ぎ」だと言いたかったようだが、MCにこれまた毒舌の吉田がいることで、話は過激な方向にどんどんエスカレート。

小杉は「いきなりツッコんでましたね~。そんなにアカン?」とやんわり問いかけるにとどまったが、吉田は「なんでも“かわいい”ということでハードルを下げて、自分が“かわいい”部類に入ろうとする」と村上発言の真意を面白おかしく掘り下げた。村上もそれが言いたかったと言わんばかりのリアクション。そんな村上にツッコませていただきたきます! キミは“女子のかわいい”の上に成り立つ、アイドルという立場にあることを忘れていないか!?

(ジャニーズ研究会より引用)


確かに、何でも“かわいい”という言葉を連発する女性がいますね。

“かわいい”と言っている、自分に酔っているのではないかと思うこともあります。

村上と吉田は、「“かわいい”ということでハードルを下げて、自分が“かわいい”部類に入ろうとする」という考えのようです。

私はこのようには感じたことがなかったので、そういう見方もあるのかと納得してしまいました。


この番組での村上は、言いたい放題という印象を受けます。

以前は恋愛テクニックを教えてもらい、実践してみたいというようなことも言っていました。

アイドルの立場で、このようなことを言っても大丈夫なのか、とこちらが心配になることもしばしばです。


どうもジャニーズ事務所は、村上の発言内容に関しては大目に見る傾向があるようです。

他のジャニタレと秋のバラエティ特番で共演したとき、相方の口臭を当てる特技を披露する芸人に、口臭を吹きかける要員選びで、NEWS手越祐也やHey!Say!JUMP山田涼介にはストップがかかったが、村上にはOKが出るという、事務所からのあからさまな“逆特別待遇”が話題になった。ブラマヨと組んだ冠番組にGOを出したこともさることながら、事務所としても、村上の発言に関する許容範囲が広がっているのではないか? 村上の発言が過激で、無神経さが目立つのもこんな背景によるのかも。

(ジャニーズ研究会より引用)


言葉は悪いですが、もうジャニーズ事務所も村上をアイドル要因としては見ていないのではないでしょうか?

どちらかと言えば、バラエティなどで活躍できるマルチタレントとして見ているように思います。

最近の仕事の内容を見ても明らかです。

バラエティ番組でMCを務めることが多く、かなり過激な発言を行うことがあります。

これがなければ、村上ではありません。

村上の特徴を最大限に発揮するためにも、ジャニーズ事務所が村上の言動について制約を加えていないのではないかと思います。

ただ、言い過ぎには注意して欲しいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!