SMAP・中居正広が、「ナカイの窓」で下積み時代について語りました。

SMAPと言えども、はじめから売れていたわけではありません。

コンサートチケットが売れずに、客席がほんとんど埋まらなかったこともあったそうです。


11月28日に放送された「ナカイの窓」で、イベントにお客さんが入らなかったデビュー時の話になりました。

名古屋のレインボーホール(現:日本ガイシ スポーツプラザ)でライブをした際、幕が上がると「アリーナの半分しか埋まってない」状態だったという。

「これドッキリだと思いながら歌ってても、なかなか夏木ゆたかさんが出てこない」

ドッキリ番組と勘違いするほどの客入りが少なく、「何かのミスかなと思ったけど、単にチケットが売れなかった」。

(J-CASTニュースより引用)


あまりにもお客さんが少なかったのでしょう。

普通、コンサートだと満員が当たり前ですよね。

あまりの客入りの少なさに、現実を受け止められなかったのでしょう。

しかし、デビューしてまもなくで満員になると思う中居もどうかと思います。

そんなに甘くはないですよね。

せっかくのコンサートで、客席がガラガラだと寂しいですね。


続けて、中居はジャニーズ事務所のすごさについて語ります。

 チケットが売れなくても、「それでも紅白に出てるし、環境はいいのよやっぱり。歌番組も出れるし、大物の人とも絡めるし」と事務所の「環境の良さ」を語り、「ジャニーズって会社でかい」と強調した。

 ネットでは中居さんの発言に対して、

  「コンサートホールが半分も埋まっていないのに、紅白に出してしまう事務所の力…恐ろしいなぁ」
  「事務所の力だな…いわばカネの力ともいうが…」

と、驚くコメントが書き込まれている。

(J-CASTニュースより引用)


特に、SMAPは当時のジャニーズ事務所が必死に売り込んでいた期待のグループだったからというのもあるでしょうね。

確かに、ジャニーズ事務所は力を持っているようです。

テレビ局も、ジャニーズ事務所には頭が上がらないという話をよく聞きます。

芸能界は、事務所の大きさで売れるのか、売れないのかがほぼ決まるそうです。

タレントの能力だけで、売れるわけではないようです。


コンサートでガラガラでも、SMAPは紅白歌合戦に出場できたと中居が証言しています。

歌番組にも出演できるなど、他の事務所では不可能なことがジャニーズ事務所では可能だったようです。

これは、明らかに事務所の力が働いていますよね。


SMAPに限らず、ジャニタレはそういう意味では恵まれています。

最近では、ジャニーズでデビューさえさせてもらえれば何とかなるような感じはします。

ただ、他に比べてよい条件で仕事ができるというだけで、売れることが約束されているわけではありませんし、一時的には売れても、その後厳しい状況におかれることもあります。

将来的にも安泰なのは、SMAPや嵐などごく1部のグループだけではないでしょうか?

今回の件で、ジャニーズ事務所のすごさが改めてわかりましたね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!