1月9日に放送された「関ジャニ∞村上信五・丸山隆平のレコメン!」で、「紅白歌合戦」における丸山隆平のハプニングの話になりました。

リスナーから、「Sexy Zoneの曲紹介の時、なぜ丸山さんだけいなかったのですか?」という質問が届きました。

これには、深い理由があるといいます。

紅白のオープニングの後、白組の人は基本的にテレビの画面から見て右側にはけるそうですが、関ジャニ∞だけはスタンバイのために左側にはけるように指示されたそうです。

この指示が直前にあったそうで、メンバー全員で「間違えたらあかんで!」とお互いに言い合って確認していたとのこと。

ところが丸ちゃんだけは、先輩であるTOKIOの波に飲まれて右側にはけてしまい、はけた後にメンバーがいないことに気づき「メンバーがおらへん!」と慌てていたところ、後ろにいたTOKIOの国分太一くんから「メンバーは向こうへはけてったぞ!何でお前ここにいるんだよ!」と言われたそうです。

(読めるモより引用)


丸山は、間違って右側にはけたわけではないようですね。

もし間違ったのなら、メンバーからクレームがきそうです。

しかし、自分の意思ではどうにもならず、右側にはけてしまったのですから、どうしようもありません。

人の波に飲み込まれて、どうすることもできないことってありますよね。

不運としか、言いようがないです。

丸山は、他のメンバーがいないと気づいた時は焦ったでしょうね。

その頃、丸ちゃん以外の関ジャニメンバーは「丸がおらん!どこ行ったんや!これ、絶対逆に行ってるな!」と慌てていたようで、メンバー全員が「丸、間に合うかな!どうする?」と言っていたところ「出番です。」と言われ、「しゃあないわ。」という事で丸ちゃん抜きでステージへ曲紹介に挑んだとのことでした。

そして逆側にはけてしまった丸ちゃんは、舞台の後ろを回っていて辿り着こうとしたそうですが、出る場所から間に合わない位置にある舞台裏側のモニターで関ジャニが登場していることを知り、「間に合わなかった・・・」とモニターを見ていたところに、横にいたPerfumeさんが「何してるんですか?」と聞いてきたそうで、恥ずかしかったと話していました。

そしてSexy Zoneの曲紹介が終わり、舞台から引っ込んだ関ジャニ∞メンバーを丸ちゃんが迎えることになったそうです。

(読めるモより引用)


メンバーも、絶対に焦ったでしょう。

丸山も頑張って急いだのですが、無情にも間に合わなかったようです。

幸いなことに、メンバーの人数が多いグループでよかったですね。

もし2~3人ぐらいのメンバー数のグループなら、1人いないと思いっきり違和感ありまくりですからね。

「あれ?なぜ丸山がいないの?」と、ちょっとした騒ぎになっていたでしょう。

実際は、気づいた人も多かったのかもしれませんが。

Perfumeに「何してるんですか?」と聞かれた時が恥ずかしかったようです。

本来なら、ステージに立っていないといけないのに、舞台裏側のモニターで他のメンバーを見ているのですから。

誰がどう見ても、不自然です。

笑ってはいけないのでしょうが、本当に面白いエピソードですね。

丸山にとっては、最後の最後でとんだ災難でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!