「はなまるマーケット」の後継番組「いっぷく!」の司会者に就任したTOKIO・国分太一

最近、国分はグループとしての活動だけでなく、個人として俳優、スポーツキャスターなど幅広いジャンルで活躍しています。

その国分が大喜びした出来事がありました。


24日に放送されたラジオ「国分太一 Radio Box」では、次のような話が行われました。

 番組冒頭、大手ポータルサイト「goo」が1月3日に発表した「ジャニーズタレント好感度ランキング(ベテラン編)」で、自身が8位に入ったことを紹介した国分。この結果を受け、

「非常に微妙なポジションにいるな~と。ただ、ベテラン編の中で8位に選ばれるってことはやっぱ……。ビミョ~な(笑)。いやいや、うれしいことですよね」

 と、自虐的に捉えながらも、率直な感想を吐露。gooのサイトによると、この調査は「NTTコム リサーチ」が13年10月31日~11月1日にかけて行ったアンケートを集計(有効回答者数1,060名)したもの。1位は少年隊・東山紀之で、嵐の櫻井翔、大野智、相葉雅紀、TOKIO・城島茂、SMAP・中居正広、香取慎吾がランクインする中、8位に国分が登場。同点8位に嵐・二宮和也、10位に松本潤が並んでおり、番組で順位を読み上げた国分は、

ベストテンに嵐が全員ランキングしているということでね。やっぱり嵐は強いなと思いつつも、嵐よりも上(の順位)にいる“オレ”っていうね。二宮と松潤よりは上にいる“オレ”っていうことは相当自慢しますよ、コレ。もう、二宮と松潤に会った時に『あれ見た?』って言っちゃうくらい。『あれ見た? オレさぁ、お前よりもちょっと上にいるわ~』なんて言おうかなと思いますけどね。ただやっぱり嵐スゴイですね」→ ranking

と、悪ノリを交えながらも、最終的には嵐5人がベストテンに入ってくるということに感嘆。先輩ながらも、嵐の人気を素直に認める国分だった。

(サイゾーウーマンより引用)


8位でもすごいことですよ。

“好感度ランキング”は、だいたい“人気ランキング”と同じような結果が出ることが多いです。

もちろん、“人気ランキング”との違いもあります。

性格のよい人ほど上位にくる傾向にあります。

そんなランキングで、ベスト10に入ることはなかなかできません。

3位にランキングしている城島には、1番驚かされました。

確かに、メッチャ優しそうなので、ランクインするのは当然と言えば、当然なのですが。


嵐は、本当に人気が高いですね。

このようなランキング調査を行うと、ほぼ全員がランクインしてきます。

メンバーの何人かならわかりますが、全員がベスト10入りするのですから、国民的アイドルと言われるのもわかります。


9位の二宮和也と10位の松本潤に順位で勝っている、国分が喜ぶのも無理はありません。

大人気の嵐メンバーより上にいるのですから、うれしくないはずがありませんね。

会ったら、本当に国分は自慢しそうです。

国分の性格を考えると、絶対に言いそうです。


ジャニタレであっても、嵐の人気の高さを認めているようです。

ファンの数や熱狂振りなど、テレビで見ていてもわかるぐらいですから、同じ場所にいるジャニタレがわからないはずがありません。


ジャニタレも、ランキング調査を見ることがあるのですね。

そして、そのランキング調査を話題にすることもあるのですね。

ちょっと驚きました。

たとえ、ランキング調査の結果を知っても、公の場ではそのことに触れないものだと思っていました。

国分はあまりのうれしさに、つい話題にしてしまったのかもしれませんね。


個人的には、“好感度ランキング”は“人気ランキング”同様にもっとも価値のあるランキングだと思います。

これらのランキングで上位に入って、はじめて人気アイドルと言えるのではないでしょうか?


国分の新番組の裏番組には、V6・井ノ原快彦がMCを務める「あさイチ」があります。

井ノ原が降板するという噂もあって、国分とのガチンコバトルの行方はどうなるのかはわかりません。

先ほどの“好感度ランキング”では、井ノ原が12位だけに、やや国分がリードというところでしょうか?

今後の展開に注目ですね。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!