最近、SMAP・草なぎ剛が自信に満ちあふれています。

草なぎは、ドラマに映画に大活躍で、役者としての地位を着実に築いています。

そんな草なぎですが、2009年の泥酔全裸事件ではタレントとして大ピンチでしたが、あることが理由で盛り返せたといいます。

そのあることとは、何だったのでしょうか?


昨年出演したドラマは4本、映画は1本と、もうアイドルというよりは役者ですね。

何でも幅広く演じることができる、演技力には定評があります。

ドラマ「任侠ヘルパー」はインパクトがありました。

迫力のある演技で、こんな役もできるのだと驚かされました。

つい最近の「独身貴族」も、少しイライラする場面はありましたがよかったです。

草なぎが、北川景子とのキスシーンをすごくうれしそうに話していたのが印象的でした。


草なぎは、すぐに相手女優のことをマジで好きになってしまうそうです。

業界では、演技力は木村拓哉よりはるかに上と見られているそうです。


そんな草なぎにも、過去には大ピンチの時期がありました。

それは、2009年の泥酔全裸事件の時です。

自業自得と言われれば、それまでですが。

 2009年の泥酔全裸事件の時は、芸能界引退までささやかれたが、ここまで盛り返せたのにはある理由があるという。実は、2年前に行った本格的な花粉症治療の影響がかなり大きいそうで…。

「草なぎさんは、ジャニーズタレントの中でも重度の花粉症だったんです。症状が重い人は慢性鼻炎を引き起こすので、年中つらそうにしていましたが、以前レーザー治療をしたというんです。『楽になりましたよ~』と喜んでいたそうですよ」(テレビ関係者)

 花粉症のレーザー治療とは、鼻の粘膜を焼く手術。簡単な手術で、症状はかなり軽減され、副作用もほとんどないことから、重度の患者には効果的な治療法とされる。

 ある芸能プロ関係者は「芸能人の中には、1度注射するだけで済むステロイド治療をする人が多い。確かカリスマ歌姫Hもそうだったんじゃないかな。でも副作用がちょっと怖い」というだけに、レーザーはオススメかもしれない。もっともレーザー治療の持続期間は2年ほどと言われており、再手術する必要があるが、前出のテレビ関係者は「鼻水やくしゃみがやめば、役に集中できるでしょう。薬で眠くなることもないでしょうし」と話している。

(東スポより引用)


泥酔全裸事件のことを知った時は驚きましたね。

まさか草なぎがと正直思いました。

そんなことをやりそうには見えませんでしたからね。

事件のことよりも、今後どうなるのかが心配でした。

草なぎがこのような事件を起こしたのは、失恋が原因だったのではという噂があるようです。


1ヵ月ほどの謹慎で済んでよかったですね。

SMAPメンバーでなければ、最悪解雇されていたかもしれませんね。


その後必死で頑張ったというのもあるのでしょうが、2年前に行った本格的な花粉症治療の効果でここまで盛り返せたというのです。

これはこれで驚きですね。

草なぎは重度の花粉症だったそうなので、本当に辛かったと思います。

仕事にも、かなり影響があったでしょう。

薬を飲むと、症状は軽くなるかもしれませんが、副作用で眠くなってしまいます。

個人差がありますので、一概には言えませんが。


もうそろそろ花粉症の時期です。

今年の花粉の飛散状況はどうなっているのでしょうか?

花粉症の症状及び今年の花粉情報・予防対策(薬・注射・ヨーグルトなど)

今年は、昨年より全体的にはマシだと聞きましたが。


この時期になると、草なぎも苦しんでいたことでしょうね。

それが、治療により楽になったそうなので、今まで以上に集中力が高まって、よい演技ができるようになったのかもしれません。

最近の草なぎの好調の原因が、花粉症の治療だったとは思いもしませんでした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!