ジャニーズ事務所にとって、嵐に次ぐグループの育成は大きな課題でしょう。

以前はHey!Say!JUMPが有望と見られていましたが、今ではSexy Zoneの方が有力と見られているそうです。

果たして、嵐の後継グループはどこになるのでしょうか?

ジャニーズ内では、嵐・関ジャニ∞に続く稼ぎの柱として、東はSexy Zone、西はジャニーズWESTを推し出していく方向となりました。嵐以降では、Hey!Say!JUMPが有望株でしたがぱっとせず、山田涼介は、ドラマの主演があるもののソロで売り出したい事務所の方針と合わず干され気味。それ以外にも中堅グループが続々と不祥事を起こすので、セクゾはじっくり育てられていますよ」(芸能関係者)

 一方ジャニーズWESTは、デビュー早々にメンバーの藤井流星のスキャンダルが「週刊文春」(文藝春秋)によって発覚したが……。

「事務所内では、『昔の話をいまさら……』とお咎めなし。もちろん流星はこっぴどく怒られたそうですが、グループの運営には影響ありませんよ」(同)

(サイゾーpremiumより引用)

Hey!Say!JUMPが、嵐の後継グループになるのではと思ったことがあります。

しかし、一時期かなり伸び悩んでいました。

山田涼介が若干の知名度があったぐらいで、他のメンバーはほとんど知られていなかったのではないでしょうか?

もちろん、ジャニーズファンは別です。

Kis-My-Ft2にも、あっさりと抜かれてしまった感じが強いですね。


そんなHey!Say!JUMPに、大きな転機が訪れました。

それまでは、どの派閥にも所属していないと見られていましたが、ジュリー派に所属することになったようです。

そのことにより、Hey!Say!JUMPメンバーのソロ活動が活発化したのです。

それまでは、コンスタントにソロ活動をしていたのは山田ぐらいでしたが、他のメンバーもドラマやバラエティ番組に出演すようになったのです。

一気に、Hey!Say!JUMPやメンバー個々の知名度が上がっていきました。


Sexy Zoneは、春のコンサートツアーが6日に幕を閉じました。

3会場12公演で計18万4000人を動員し、大成功を収めました。

Sexy Zoneは昨年の紅白に出場してから、テレビでよく見かけるようになったような気がします。

特に中島健人、菊池風磨、佐藤勝利の3人は、バラエティ番組などによく出ています。


Sexy ZoneはSMAPと同じ飯島派に所属していると言われています。

SMAPとの執拗な“バーター作戦”でKis-My-Ft2をブレイクに導いたように、今度はSexy Zoneを売り出していこうということでしょう。

そのために、中居正広や香取慎吾の番組にSexy Zoneメンバーがよく出演しています。

今後も、しばらくは“バーター作戦”が継続されると思われます。

また、佐藤はジャニー喜多川社長のお気に入りだと言われていますので、他のグループより優遇されることもあるのかもしれませんね。


そして、先日デビューしたジャニーズWEST。

デビュー早々に、藤井流星のスキャンダルが「週刊文春」に報じられ、いきなりの大ピンチでしたが、ジャニーズ事務所からのお咎めはありませんでした。

そのため、ジャニーズWESTは致命的なダメージは受けずに済みました。

ジャニーズWESTは関西発のグループのために、どちらかと言うと、関ジャニ∞の後継グループのような感じがします。

しかし、関西発のグループが嵐の後継グループになれないというわけではありませんので、活躍しだいではどうなるのかはわかりません。


嵐の人気はまだしばらく続きそうなので、少し年齢が離れたHey!Say!JUMPやSexy Zone、ジャニーズWESTあたりにチャンスがあるのかもしれませんね。

今後、どうなっていくのでしょうか?

気になりますね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!