改修工事のため、5月31日をもって長い歴史に幕が下ろされた国立競技場。

は、2008年から6年連続で国立での公演を行っています。

その間にいろいろな出来事があったようです。


国立競技場は、ジャニーズにとって縁が深い場所ですね。

ジャニーズというよりは、SMAPと嵐と言った方がいいかもしれません。


2005年に初めて単独公演を行ったのがSMAPでした。

SMAPをもってしても、交渉に3年もかかったといいます。

公演後、中居正広は「ステージから見た光景が忘れられない」と語っています。


天然芝の保護などの問題から、コンサートの開催は“1年に1組”と定められていたそうです。

誰でも公演を行えるわけではない、特別な場所だったのです。


これまでに最多15回の公演を行ったのが嵐だといいます。

2008年から6年連続で公演を行っています。

いろいろな出来事があったようです。

嵐メンバーがもっとも印象に残っているのは、初めて国立で公演を行った2008年ではないでしょうか?

あまりのうれしさに、リハーサル中にメンバーが競技場内の写真を撮りまくっていたといいます。


この時に災難に見舞われたのが、二宮和也と相葉雅紀のようです。

『Lucky Man』という曲の最中に、バク宙を決めようとした二宮が、「回りすぎて」失敗し頭を強打した。その後、「東山さん(紀之、47才)が見に来ているから、“成長したところを見てください”という思いだったのに、回りすぎた」と苦しい言い訳をした。

 相葉は、同曲の間奏で披露したダンスでハプニングが。片手を地面について、逆立ちのような体勢で大きく足を開いたときに、パンツのおしりが「ズバッ!」と裂けてしまった。その後は、「膝をくっつけて、おしりが破けているのがばれないように踊った」というが、「おしりがパッカパカで恥ずかしかった」と顔を赤らめた。

 ちなみに、翌日の公演では、パンツには当て布がされ、さらに腰に白いスカーフのようなものが巻かれていた。

(NEWSポストセブンより引用)

二宮は、危なかったですね。

気合が入りすぎての失敗だったようです。

バク転などは華やかですが、絶対必要なものだとも思いません。

無理をしてケガをするぐらいなら、しない方がいいですね。

最近は、昔に比べると、バク転をしているジャニタレが少なくなったような気がします。

昔は、“ジャニタレ=バク転”でしたが。


相葉の方が恥ずかしいかもしれませんね。

途中で引っ込むわけにはいきませんので、そのまま踊るしかありません。

バレないように踊るなんてことは絶対に無理ですよね。

相葉にとっては、つらい公演になったのではないでしょうか?


2009年のライブ終わりの挨拶で、大野智が感極まって涙を流しました。

それを見たファンも涙しました。

2012年のライブでは、松本潤が上半身裸のセクシーダンスを行いました。

多くのファンが魅了されました。

本当に、嵐にとってはいろいろな思い出があります。

その国立競技場がなくなったというのは、寂しいです。

新しくなった国立競技場で、嵐が歌って踊っているところを見たいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!