2日に放送された「ナカイの窓」に、Kis-My-Ft2・北山宏光がゲストで出演しました。

MCを務めるSMAP・中居正広と北山が、ジャニーズ事務所内の上下関係について語りました。

SMAPは、先輩風を吹かせることはなかったといいます。


北山は、ゲストMCの陣内智則から「キスマイ世代とスマップ世代のジャニーズの上下関係は厳しいの?」と質問を受けました。

北山が言うには、やはり上下関係はあったそうです。

同世代でもデビューした・しないで上下関係があるようです。

実力の世界なので、仕方がないのでしょうね。


一方の中居は、次のように語っています。

「スマップは(若手時代は)そんなに売れなかった。偉そうにしているとバカにされるってのがあったから、キンキとTOKIOに『お前ら』っていうのはないね。俺に限らず誰も、後輩に対して」と語る。SMAPは先輩風を吹かせることなくフランクな存在だったようだ。

中居によると、SMAP内でも特に上下関係はないのだという。元モーニング娘。の石川梨華に「(SMAPのメンバー間に)年齢差がありますよね?」と指摘されると、中居は10代はあったけが、20歳になる頃にはみな中居の身長を越してしまい、年下のメンバーの方がガタイが良くなってしまったので、上下関係はなくなっていったのだという。

(livedoor NEWSより引用)


以前にも、中居はこのように話していました。

SMAPはすぐに売れなかったので、偉そうにはできなかったようです。

結果的には、それでよかったのだと思います。

もしデビューしてすぐに売れていれば、天狗になって後輩に偉そうに言っていたかもしれません。

そんなことをしていたとしたら、今のように後輩から慕われる先輩ではいられなかった可能性もありますね。

SMAP内では、20歳ぐらいで上下関係はなくなったようです。

中居は身長のことを言っていますが、20歳ぐらいになると、それぞれが大人の接し方ができるようになったのではないでしょうか?


また、中居は「ザ!世界仰天ニュース」で共演したジャニーズJr.に、「一番怖い先輩は誰なのか?」と訊いたところ「一番怖いのはKis-My-Ft2」と返ってきたそうです。

それを聞いた北山は、「いや、いや、いや」と否定しつつ、「誰が言ったのですか?」と、答えたJr.の名前を聞き出そうとしていました。

しかし、中居が「言ってもいいけど俺はそいつのことを全力で守るから」と先輩らしい優しさを見せると、北山は意気消沈し目を伏せてしまったようです。

確かに、誰が言ったのか気になりますね。

どうして怖いのか、理由も聞いておいて欲しかったです。

中居にあのように言われると、北山はどうしようもありませんね。

ジャニーズには厳しい上下関係はありますが、個々ではよい先輩・後輩の関係を築けている者が多いようです。

見ていても、うらやましく思うことがありますね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!