今年デビュー15周年を迎えた

嵐ファンのマナーの悪さは、ジャニヲタの間でも問題視されているといいます。

嵐デビュー当時からの古参ファンの中には、最近の“アラシック”に嫌気がさして、若手に乗り換える者もいるようです。


嵐の人気は、今更語るまでもないでしょう。

CDやDVDを出せば大ヒットし、コンサートのチケットは欲しいファンが殺到し、入手困難です。

グループとしてだけではなく、最近はピンでの活動が目立っています。

嵐がすごいのは、5人全員が売れていることです。

普通、メンバーが5人いれば、その中の2~3人に人気が集中することが多いです。


現在は、8月から公開される映画「ピカンチ」シリーズの最新作が撮影されています。

ロケ地には多くの嵐ファンが押し寄せ、たびたび撮影が中断することもあるようです。


また、「聖地巡礼」と称して、撮影後もファンがロケ地に殺到することが多いといいます。

最近では“嵐主演ならNG”という自治体や店が増えているそうです。

普通なら、自治体や店は人がたくさん来てくれることを喜びます。

しかし、嵐ファンだと嫌がられるようです。

それは、嵐ファンのマナーが悪いからだそうです。


こういうマナーの悪いファンのことを快く思っていないのは、一般人だけではありません。

ジャニーズファンの中にも、たくさんいるのです。

実際、嵐ファンのマナーの悪さは、ジャニヲタの間でも問題視されているそうです。

「嵐はコンサートのチケットが入手困難になっていることもあり、デビュー当時からの古参のファンの中には最近の“アラシック”を煙たがり、お役目終了とばかりにフェードアウト。若手のSexy ZoneやA.B.C─Z、デビュー前のジャニーズJr. にくら替えする人が増えているそうです」(前出の事情通)

(日刊ゲンダイより引用)


ちょっと寂しいですね。

嵐ファンを辞めていったデビュー当時からの古参ファンは、どういう気持ちだったのでしょうか?

本当なら、辞めたくはなかったのでしょうか?

ファンで溢れかえり、嵐が何か遠い存在に感じられるようになったのかもしれません。

ある意味、売れると仕方がないのですが。

それに加えて、「応援に行きたくてもチケットが当たらない」「マナーの悪いファンは増えてくる」と、いいことがありません。

そう感じた古参ファンが、フェードアウトしていくのかもしれません。

それでも、どんどん人気が高まっていることを考えると、フェードアウトしていくファンより、新規ファンの方が多いのかもしれません。

嵐メンバーは、デビュー当時からの古参ファンが減っていくことを知れば、きっと寂しく思うでしょう。

古参ファン、新規ファンが、共に気持ちよく応援できるような環境ができればよいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!