TOKIOのリーダー・城島茂と言えば、バラエティ番組ではイジられキャラで通っています。

ものすごく性格はよいのですが、ちょっと頼りなさそうに見えます。

しかし、TOKIOメンバーはかなり城島を頼りにしているといいます。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


今年、TOKIOはデビュー20周年を迎えました。

その記念として、アルバム「HEART」がリリースされました。

本作に収録されている30曲は、デビューから昨年までにリリースされた楽曲の中から、ファンのリクエストにより選出されたものとなっています。

ランクインした楽曲や、その順位は、TOKIOメンバーが予想したものとは違っていたようです。

本当に、メンバーは驚いていました。


大ヒット曲の「宙船(そらふね)」は11位だといいます。

1位に輝いたのは「リリック」です。

メンバー全員が、意外だと感じていたようです。


実は、この「リリック」をきっかけに、メンバーが自分で楽曲を作るようになったそうです。

しかし、楽曲を作るのは大変なようです。

メンバーが作詞をするのですが、どうしてもよい歌詞が浮かんでこない時もあるといいます。

そんな時に、頼りになるのが城島だそうです。

松岡は「本当に困った時はリーダーに電話する。“歌詞お願い”って電話すると“ええよ”って言ってその日に歌詞が返ってくる」と証言している。あまりにスムーズに歌詞ができるので、松岡も“お前なんだよ、俺の努力した時間返せ”と思うほどだ。国分もリーダーの歌詞作りが凄いのは認めているようだが、「本当にセンスがあるのか、友だちがいないかどっちかだね」と冷やかした。

スタジオでそんなメンバーのやりとりを見た山口達也も、城島茂リーダーについて「彼は自分の曲を2パターン歌詞を用意してきたりする」と評価しながら「友だちがいないというのは本当かも」と心配していた。

(Techinsightより引用)


大変失礼ですが、城島に作詞の才能があるとは思いませんでした。

そのように思われた方も多いのではないでしょうか?

TOKIOメンバーが、絶賛するぐらいですから、相当すごいのでしょう。

メンバーが一生懸命考えても、思い浮かばないのに、城島は作詞の依頼があれば、その日の内に、しかもメンバーを満足させるものを作るのですから、たいしたものです。

城島が、TOKIOメンバーにこれほどまで、頼りにされていたとはね。

このことを知って、なぜかうれしく思いました。

城島も、TOKIOにこんなにも貢献しているのです。

これからも、城島には頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!