先日、東京スポーツが「僕らの音楽」「新堂本兄弟」が終了すると報じました。

きくち伸氏が担当する番組で、「口パク禁止令」を発令したことが関係しているといいます。

現在、どれくらいのアーティストが口パクを行っているのでしょうか?


フジテレビは、かつて民放史上初の年間視聴率1位を獲得するなど、民放でトップを走ることもありました。

しかし、最近の不振は深刻なものとなっています。

そこで、フジテレビは、約1000人規模の人事異動を敢行することになったようです。

これに伴い、フジテレビの音楽番組班の名物ブロデューサー・きくち氏は現場を離れることになったといいます。


きくち氏と言えば、自身が担当する音楽番組で「口パク禁止令」を発令し、大きな話題になりました。

一部の芸能事務所やレコード会社が反発したそうです。

それが原因となって、きくち氏がプロデューサーを務めていた「僕らの音楽」「新堂本兄弟」が終了することになったようです。

特に、「新堂本兄弟」はKinKi Kidsの唯一の地上波レギュラー番組です。

番組が終了してしまうと、KinKi Kidsを地上波で定期的には見られなくなってしまいます。

そのため、番組を終了させないで欲しいという声が、ネット上で上がっているようです。


では、音楽業界でどれくらいの口パクが行われているのでしょうか?

以前に比べれば、口パクはかなり減ってきたといいます。

口パクはアイドル系に多かったようです。


ももいろクローバーZは、ほぼ生歌に変わってきたそうです。

モーニング娘。’14や℃-uteなどのハロプロ勢は、完全生歌のようです。

一方で、AKB48系のグループは、基本的には口パクが多いといいます。


ジャニーズなど男性アーティストはどうなのでしょうか?

ジャニーズ系は、グループによって違うんですが、その時々で生歌と口パクを使い分けています。特に若いグループなどは、まだ踊りながら歌うということに慣れていないので、口パクをすることもあるようですね。でも、ベテラングループは絶対生歌ですよ。『27時間テレビ』のSMAPライブでは、疲労もあってかあまりにも“リアル過ぎる生歌”を披露してましたね」

 口パクを採用する大きな理由としては、やはり“踊りながらでは歌が安定しない”ということが大きいようだ。その点で、EXILEはパフォーマーとボーカルがきっちり分けており、ボーカルはほぼ踊らずに歌うため、完全に生歌だという。

(NEWSポストセブンより引用)

ジャニーズでも、若いグループなどはまだ口パクを行っているようですね。

確かに、激しいダンスをしながら、きっちりと歌うのは難しそうです。

SMAPの「27時間テレビ」は、ひどかったですね。

あれだけ過酷な状況の中で歌っていますので、仕方がないのですが。

あの場面で口パクを使うと、おかしすぎますよね。

見た目は疲労困憊という感じなのに、歌声は元気そのもの。

どう見ても、バレバレで違和感がありまくりになってしまいます。

ベテラングループは生歌だそうですから、SMAPは普段から生歌なのでしょう。


口パクかどうかを見分ける方法があるといいます。

ハンドマイクがしっかり固定されているかどうかで、わかるというのです。

「生歌の場合、マイクをしっかり固定させないと声が乗らないので、そこをちゃんと訓練するんですよ。手元がブレブレになっている場合は、口パクの可能性が高いでしょう。あと、ヘッドセットマイクを使っている時も、実は口パクというケースが多いですね」(前出音楽ライター)

(NEWSポストセブンより引用)

なるほどと思いました。

口パクをバレないようにするための技術も必要になってきますね。


アーティストなのですから、常に生歌で勝負して欲しいですね。

緊張して音を外したり、歌詞を忘れてしまったりと、いろいろなハプニングが起こることがあります。

しかし、ファンはそれでも生歌を聞きたいですね。

ただ、生歌で下手くそな歌を聞くぐらいなら、口パクの方がいいという人もいるようで、難しい部分もあるようです。

流れから言えば、今後口パクが減っていくのではないでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!