Hey!Say!JUMP・山田涼介と知念侑李とのユニット・NYCの事実上の活動休止により、昨年からソロ活動を始めている中山優馬

中山は、ジャニー喜多川社長の“スペオキ(スペシャルお気に入り)”として有名ですが、その裏では知られざる苦悩も多いようです。

中山は、以前まったく友達がいなかったといいますが、今では山田とプライベートの交流が続いているといいます。


ジャニー喜多川社長は、かなり中山を気に入っていたようですね。

ほとんど無名のNYCを、NHK紅白歌合戦に出場させています。

視聴者からは、「NYCとは誰?」という声が多く上がっていたようです。


一方で、一部のジャニーズファンからは批判的な目で見られていたようです。

特にHey!Say!JUMPファンは、快く思っていなかったそうです。

「Hey!Say!JUMPの中で人気の高い山田、知念と抱き合わせて売り出すなんて、魂胆が見え見えだ」という意見も多く聞かれたようです。

いろいろな声が、本人の耳にも入ってきたと思います。

普通の人なら、絶対にその声が気になって悩むでしょう。

実際、中山はかなり心苦しい気持ちがあったといいます。

特別扱いされるのも、時にはつらいものですよね。


そんな中山には、以前友達がいなかったといいます。

驚いたことに、駒沢大学に進学した理由の1つは、友達を作る場所が欲しかったためと言っています。

関西出身の中山は、家族や仲間と離れ、孤独な日々が続いていたようです。

現在はと言うと、友達として山田の名前を挙げています。

芸能界の友人として名が挙がった山田ですが、NYC休止後の2人の交流をさらってみると、昨年の「duet」(ホーム社)12月号では中山が「最近、山田(涼介)くんと2日に1回のペースで会ってる。ずっといっしょにおるわけじゃないよ? 仕事終わりとかにサクッとごはん食べに行くとか、そんな感じ」と話し、買い物に行った際には山田にお揃いのクッションを「買え」と要求されたことを暴露。さらに今年2月13日放送のラジオ『中山優馬 RADIO CATCH』(JFN)では、1月の誕生日に中山と一緒にミュージカル『PLAYZONE』に出演している屋良朝幸、ふぉ~ゆ~、They武道のメンバーと山田がサプライズで誕生日会を開いてくれたこと報告。山田からは「これ、俺の一番好きなシャンパン」と、お祝いをしてもらったと明かしていました。

(ジャニーズ研究会より引用)


かなり深い交流があるようですね。

今はどうかはわかりませんが、以前は2日に1回のペースで会っていたといいます。

ここまで頻繁に会うと、もう恋人同士ですね。

中山にとっては、うれしかったのではないでしょうか?

それまでは友達がおらず、孤独な日々を送ってきたのですから。


セカンドシングル「High Five」のCD購入者イベントの際には、ファンから「NYCの2人のどっちに憧れているか?」という質問がありました。

中山は「山田くんは面倒見がいい」「今までメールで無視されたことない」などと答えていたそうです。


中山は、知念とは交流がないのでしょうか?

NYCのうちの2人が仲よくやっていますので、2人が会っている時に「知念も呼ぼう」という流れにはならないのでしょうか?

余計なお世話ですが。


NYCの事実上の活動休止に落胆したファンが多いようですが、中山と山田がプライベートで交流を深めていたことは、ファンにとっては救いかもしれません。

ソロ活動を行っている中山にとっては、今がまさに正念場ですね。

今後の活躍が期待されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!