8月11日放送の「UTAGE!」に、Kis-My-Ft2・北山宏光、玉森裕太、藤ヶ谷太輔がゲスト出演しました。

歌がヘタだと言われている横尾渉は、イヤーモニターを両耳に使用していることが明らかになりました。

何と、横尾はイヤーモニターを耳栓として使用していたといいます。


この日は、舞祭組のこれまでの軌跡を振り返りました。

同番組にレギュラー出演している舞祭組ですが、あまりの歌のヘタさに“放送事故レベル”とネット上で話題になることが多いです。

一生懸命歌っているだけに、憎めないのですが。


同番組では、“ハモタイム”と呼ばれる舞祭組がハモリに挑戦するコーナーがあります。

いつも大失敗に終わっているのですが、MCのSMAP・中居正広は北山、玉森、藤ヶ谷に対して「いつも7人で歌ってる時も(その歌声を)経験してるわけでしょ?」と問いかけました。

そこから、イヤーモニターの話になりました。

アーティストが音を確認するために耳に付けるイヤーモニター(イヤモニ)からも舞祭組の歌声が聞こえるとなれば、3人の歌にも支障が出そうですが「正直な話、デビュー前は7人で1つの回線でしたけど、デビューしてから3:4に分かれたので」とまさかの新事実を明かす藤ヶ谷。またこの話の流れから、その歌の下手さで「師匠」と呼ばれている横尾が、なぜか舞祭組で唯一両耳イヤモニを使用していることも発覚。「同じ舞祭組でも初めて聞いたよ!」と千賀健永も驚いていましたが、驚くべきはその理由。

「だって場所によって反響とかしてよくわかんなくなっちゃうから、(両耳)フタしてますもん!」とその用途を完全に間違えているのです。中居から「ライブの時、師匠は(イヤモニ)してないの?」と尋ねられても、「してますしてます、フタを」とあくまでも耳栓として使用している横尾。

(ジャニーズ研究会より引用)


イヤーモニターの回線が、3:4に分かれたそうですね。

これは、前列3人と後列4人ということでしょう。

上手い人でも、ヘタな人につられて音程を外すことがあります。

これを避けるためでしょうか?

普通は、同じグループなら1つの回線を使うものなのでしょうか?

この辺は音楽の知識がありませんので、よくわかりませんが。


横尾は、イヤーモニターを両耳に使用しているというのです。

音楽番組で両耳に使用しているアーティストは見たことがありません。

あり得ないことなのでしょうね。

千賀も驚いていましたので。

音を確認するためのイヤーモニターを耳栓として使用するなんて、さすが横尾ですね。

ある意味、期待を裏切りません。


舞祭組が芸人並みの扱いを受けていることについては、正直不快に感じることもあります。

しかし、舞祭組としてやっていくためには、仕方がないのではという気もします。

舞祭組がさっぱり売れず消滅するくらいなら、どのような形でも残って欲しいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!