ジャニタレの中には、奇跡が起こったものがいるといいます。

それが、NEWS・増田貴久だといいます。

では、どのような奇跡が起こったのでしょうか?


増田は、マイペース過ぎるそうです。

そんな増田に、他のNEWSメンバーが気を遣っているといいます。

増田は、人が怒らないタイミングで怒ることもあるようです。


では、増田に起こった奇跡とは、どのようなものなのでしょうか?

ドラマの出世作は『3年B組金八先生』(第6シーズン)で、上戸彩が性同一性障害で悩む女性を熱演したシリーズとして、今なお語りつがれている。

 この収録が長引いて、次の現場であったNHKに遅刻したときのことである。

 入るスタジオを間違えてしまい、扉の向こうで行なわれていた次期NHK大河ドラマ『武蔵』のオーディション会場に入ってしまった。そのとき、審査を務めていた番組関係者の目にとまり、出演の座をゲット。とんでもない強運ぶりを発揮した。

(リアルライブより引用)


増田は、同ドラマに出ていましたね。

共演していた上戸とは、同じ中学校だといいます。


驚いたことに、TOKIOメンバーも同ドラマの生徒役のオーディションを受けたそうです。

国分太一が、以前に暴露していました。

全滅だったらしいです。


スタジオを間違えて、気に入られて合格なんて、そのようなことがあるのですね。

そのようなことは、ドラマでもない限り普通は起こりません。

本当に奇跡です。

増田の強運ぶりに驚きました。

ただ、運も実力のうちです。

こういったチャンスをつかんだものだけが、成功できるのかもしれませんね。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!