ジャニタレが、ジャニーズ入りした理由を話しているのをよくテレビなどで見かけます。

家族(特に姉)が、勝手に履歴書を送ったというケースが多いですね。

他には、ジャニタレに憧れて自ら応募したというケースも結構あります。


8月29日に放送された「未来シアター」に、タッキー&翼がゲストで出演しました。

MCは、NEWS・小山慶一郎、加藤シゲアキが務めています。

番組の中で、滝沢秀明と今井翼がジャニーズに応募した経緯を語りました。

今井が「弟を長瀬(智也)くんのようにしたい!」と姉に勝手に応募されてしまったのに対し、滝沢は体が小さいことからプロレスラーの夢を諦め、自らジャニーズに応募。いろんな仕事ができそうだという冷静な理由で芸能界を志した加藤や、高校受験に失敗し姉のすすめで応募した小山も含め、その過程は十人十色。

(ジャニーズ研究会より引用)


今井は、姉が応募するというよくあるパターンのようです。

家族が勝手に応募して、オーディションを受けたという話はよく聞きます。

SMAP・香取慎吾は母親が、TOKIO・長瀬智也とKinKi Kids・堂本光一は姉が履歴書を送ったそうです。

他にも、そのようなジャニタレは多くいます。


滝沢は、プロレスラーになりたかったようですね。

プロレスラーになりたくても、体格がよくなければなれません。

こればかりは、努力してもどうしようもありません。

そして、自らジャニーズに応募したのだそうですね。

プロレスラーから、どうしてジャニーズだったのでしょうか?

光一に憧れていたようなので、その影響かもしれませんね。


ジャニタレに憧れを抱いて、自ら応募したものもたくさんいます。

TOKIO・松岡昌宏とV6・井ノ原快彦は光GENJIに、山下智久は滝沢に憧れ、応募したそうです。


ジャニーズ入りのきっかけは、いろいろですね。

共通して言えるのは、ジャニーズ入りして人生が大きく変わったということです。

もちろん、デビュー組の話ですが。

せっかく入ったジャニーズですので、頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!