ジャニーズでCDデビューできるのはごく1部です。

それだけに、ジャニタレはデビューに強い憧れを抱いています。

では、デビューはどのようにして本人たちに伝えられるのでしょうか?


有名なエピソードが残っているのは、Kis-My-Ft2だといいます。

当時、メンバーは、すでにバックダンサーとして高い人気を得ていたといいます。

2011年2月12日に、東京・国立代々木競技場第一体育館でライブをしていた時に、ある出来事が起こったというのです。

それは、バックダンサーで協力していたジャニーズJr.・安井謙太郎が突然登場し、茶色い封筒をリーダーの北山宏光に手渡したのです。

メンバーは、何が起こっているのか、状況が把握できていなかったようです。

その封筒の中に入っていた紙には、8月に歌手デビューすることが決まったと書かれていたそうです。

ファンと同時にデビューを知るという、シャレた演出が行われました。

このことを指して、後に“茶封筒事件”と命名され、語り継がれているというのです。


Kis-My-Ft2は、デビューしてすぐの2011年9月に、東京・帝国劇場でライブを行っていました。

その公演最終日に、赤いバラを手にしたジャニー喜多川社長が、バックダンサーを務めていた中島健人ら5人に、次のように言ったそうです。

 「忘れ物。これ、持っていきなよ。Sexy Rose。枯れないバラだよ」。これがCDデビューを意味すると知ったのは、公演終了後。記者会見が開かれ、自分たちが5人組ユニット・Sexy Zoneになったと知らされた。

 ちなみに、ジャニーズで1年に2組のユニットが歌手デビューしたのは、後にも先にもこの年だけだ。

(リアルライブより引用)


粋な演出です。

この辺りは、ジャニー喜多川社長は手が込んでいましたね。

Kis-My-Ft2も、Sexy Zoneも、事前にデビューの話を聞いていなかったみたいです。

本当のサプライズでしたね。

1番本人たちが驚いていたようです。

特に、Sexy Zoneメンバーは驚いたのではないでしょうか?

Kis-My-Ft2がデビューしたばかりだったので、当分はジャニーズからデビューする者はいないと思っていたでしょうからね。


翌12年には、A.B.C-Zがジャニーズ初のDVDデビューを果たしました。

Kis-My-Ft2とSexy Zoneに比べると、かなりあっさりとしたものだったようです。

公演の打ち合わせのために集まったメンバーたちは、当日のプログラム概要が記載された資料に、小さく「DVDデビュー」と書かれた文字に気が付いたそうです。

疑問に感じた河合郁人が、ジャニー喜多川社長に聞くと、DVDデビューのことを告げられたというのです。

多少のサプライズ感はありますが、先ほどの2組に比べると、少し地味な印象がありますね。


どのような形で伝えられたとしても、ジャニタレにとってデビューできるということは本当にうれしいことだと思います。

今後、どのようなグループが誕生し、どのような形で本人たちにデビューが伝えられるのでしょうか?

非常に興味がありますね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!