9月30日放送の「中居正広のミになる図書館」に、俳優の勝矢が出演しました。

勝矢は、“木村拓哉伝説”について語っています。

これは、一体どのような伝説なのでしょうか?


「勝矢って誰?」と思われた方も多いと思います。

私も、全然知りませんでした。

勝矢とは、先日まで放送されていたドラマ「HERO」に登場していた、警備員の小杉啓太役を演じた俳優です。

そのように言われると、どのような俳優か思い出せるのではないでしょうか?


同ドラマで、勝矢は木村のすごさが改めてわかったようです。

勝矢が語る木村拓哉伝説とは、どのようなものなのでしょうか?

木村の現場での振る舞いに感動したそうで、中でも最も驚いたのが70人以上いるスタッフ全員の名前を覚えていることだった。「必ず人を名前で呼びます。カメラや照明のアシスタント、大道具の方にも声をかけて」と振り返り、「全員で作るんだという意識がすごい高い方」とその姿勢を称えた。

クランクアップの時、撮影を任されていたのはそれまで散々怒られていたカメラアシスタントだった。そこで木村は「いつか俺がドラマやる時、お前がカメラマンで撮れるようになるといいな」と声を掛けたそうで、勝矢は「最後の最後までかっこよかった」と惚れ惚れ。

(マイナビニュースより引用)


ドラマ現場での木村のことを悪く言う人はいないのではと思うぐらい、木村を賞賛する声が多いです。

共演者やスタッフへの気配りがすごいらしいですね。

木村は、70人以上いるスタッフ全員の名前を覚えていたそうです。

すごいですね。

かなり頑張って名前を覚えたのかもしれませんね。

努力せずに、覚えられる名前の数ではありません。

スタッフは、木村に名前で呼んでもらえてうれしかったのではないでしょうか?

こういったことも、気配りの1つでしょうね。

カメラアシスタントの話も感動的です。


また、木村は昼食を共演者と食べたり、撮影を終えても楽屋に戻るらず、前室で共演者とよく話をしていたそうです。

普通は、大物と呼ばれる俳優は、このようなことはしないと思います。

MCを務める中居正広も、木村をかっこいいとベタ褒めしていました。

中居は、このようなことを絶対にしないというのです。

楽屋にはすぐに戻るし、昼食は絶対に1人で食べるそうです。

また、木村は共演者やスタッフ全員にネルシャツをプレゼントしたそうです。

自虐ネタで笑いを取っていた中居ですが、中居も共演者やスタッフへの差し入れがすごいと話題になったことがあります。

中居も、きっちりと気配りができているようです。

SMAP・中居正広の差し入れがすご過ぎる!?


木村についての新たなエピソードが、明らかになりましたね。

知れば知るほど、木村のかっこよさが増していくようです。

イケメンは、やることすべてがかっこいいですね。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう