現在放送されている、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で主演を務めているV6・岡田准一

その岡田は、今やジャニーズでも屈指の演技派俳優として活躍しています。

岡田のデビューまでの道のりが、異質だというのです。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


岡田は、10月4日に公開された映画「蜩ノ記(ひぐらしのき)」にも出演しています。

出る映画はヒット作が多く、最近の映画への起用数は、ジャニーズで1番多いのではというイメージがあります。


岡田は、ジャニーズでのデビューまでの道のりが変わっています。

普通は、オーディションに合格して、寮生活を送りながらダンスなどのレッスンを受けて、デビューを目指すのが基本です。

しかし、岡田も寮生活を送ってはいましたが、他のジャニタレとはかなり異質だというのです。

そもそもスタートが単なるジャニーズのオーディションではなく、ビートたけしが司会を務めていた番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「ジャニーズ予備校」出身なのです。

この予備校は、ジャニタレを目指す若者をサポートするというものでした。

岡田がこの予備校がきっかけでジャニーズ入りしたことは、ファンの間では有名な話です。


この予備校の企画の段階では、ジャニーズ事務所はあまり乗り気ではなかったそうです。

基本的にジャニーズ事務所のオーディションで合格するのかどうかは、ジャニー喜多川社長の将来を見抜く眼力で決められていたそうですからね。

今までに、その眼力で数多くのスターを誕生させています。

実際、予備校に参加した多くの若者が壁にぶち当たって、ジャニーズの道を断念しました。

その中で、岡田は唯一の例外だったそうです。

「ジャニー喜多川社長は岡田さんの才能にベタ惚れし、合格させました。実際、V6結成の際、ジャニー喜多川社長が最年長メンバーである坂本昌行さんにメンバーの選出を電話で相談した時も『岡田っていうやつがいるんだけど、これがイイんだよ!』と大絶賛していたそうです」(前出・放送作家)

(アサ芸プラスより引用)


ジャニー喜多川社長は、岡田に何か光るものを感じたのでしょう。

いいと思ったら、ジャニー喜多川社長は即決ですからね。

さすがですね。

今や、岡田はジャニーズでも人気タレントの1人にまで成長しました。

もし、予備校の企画がジャニーズ事務所の反対で通っていなければ、岡田がジャニーズ入りすることはなかったかもしれませんね。

また、ジャニー喜多川社長に気に入られていなくても、ジャニーズ入りはなかったかもしれません。

そういう意味では、岡田はジャニーズと深い縁があったのでしょうね。


実は、岡田がV6メンバー入りできたのには、あることがきっかけだったという話があります。

そのきっかけとは、バレーボールだそうです。

もちろん、岡田は実力でここまでやってきたのですが、いろいろと運もあるようですね。

これからも、頑張って欲しいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!