10月5日に放送された「2014秋 DASHでイッテQ行列のできるしゃべくり 日テレ系人気番組No.1決定戦」に、Hey!Say!JUMP・八乙女光やNEWS・手越祐也などのジャニタレが出演しました。

八乙女は、手越について「ジャニーズ入ったころ、あんなキャラじゃなかった」と発言しています。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


最近の手越と言えば、「世界の果てまでイッテQ!」が連想されますね。

それだけ、同番組での手越の活躍が印象的だということではないでしょうか?


今回、番組タイトルのとおり、「イッテQ!」のコーナーもありました。

そのコーナーでは、自転車で一本橋を渡って、その距離の長さを番組対抗で競い合いました。

以前に、「イッテQ!」でも同じようなことをしていましたね。

確か、手越と内村光良、宮川大輔の3人が、ドイツの凍った池に設置されたコースを自転車で落ちないように進んでいくというものでした。

落ちれば、凍え死ぬような寒さに耐えなければなりません。

それは、まさに地獄です。

そこで、手越は見事な成績を収めました。

それだけに、手越に有利なのではと思いました。


「スクール革命!」の代表として参加した八乙女が、手越について語りました。

「手越、同期なんですよ。『イッテQ』見ると次々成功するじゃないですか~。僕、それを茶の間で見てフツフツと燃えてたんですよ。見返してやろうと……。ジャニーズ入ったころ、あんなキャラじゃなかったです」と同期らしい発言で、最近“王子様キャラ”を爆発させている手越をバッサリ。

手越が「グループにいろいろあると、キャラも変わるんですよ~」と返答すると、Hey!Say!JUMP知念侑李を挟んで座っていたKAT-TUN中丸雄一も反応。言葉こそ聞こえてこないが「わかる、わかる~」というジェスチャーを見せ、間に入った知念も2人をなだめる様子で応じていたため、会場はさらに盛り上がった。

(ジャニーズ研究会より引用)


昔は、手越は大人しかったそうです。

いつから、あのような「子猫ちゃん」発言をするようになったのでしょうか?

また、手越に何があったのでしょうか?

以前に、増田貴久も手越の変化に驚いたような発言をしています。

少しは遠慮して欲しいと思っているようです。


同番組でも、NEWSの残りの3人は、手越の「子猫ちゃん」発言に、実は引いているという話が出ました。

メンバーがあのような発言をすると、やはり恥ずかしいようですね。


それ以外にも、「イッテQ!」でも手越に大きな変化があったといいます。

「イッテQ!」メンバーが、そのように証言しているぐらいですから間違いありません。

手越は、アイドルであっても、アイドルの扱いは受けていません。

芸人並みのロケをこなしているのです。

昔では、考えられなかったですね。


キャラが変わったのは、グループにいろいろとあったからだと手越は言っています。

普通に、手越の言う「いろいろ」について考えると、メンバーの脱退のことを指していると思われます。

NEWSは、メンバーの脱退が多いですからね。

おそらく、メンバーの脱退により、何度も窮地に立たされたと思います。

そんな時、何とか今後もずっとファンに応援して欲しいと思った手越が、ファンサービスとして「子猫ちゃん」発言をするようになったのかもしれませんね。

あくまで個人的な推測ですが。

事実はどうなのでしょうか?


八乙女は自転車で一本橋を渡ることに挑戦し、7mという記録を出し、4mしか行けなかった手越に勝利しました。

自転車競技そのものより、トークが面白かったですね。

ジャニタレが、ジャニーズ以外の番組でこれだけ集まって、いろいろな話が聞けることはあまりないので何か新鮮でしたね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!