24日に放送された「アカデミーナイト」に、関ジャニ∞・大倉忠義がゲストで出演しました。

大倉は、嵐・二宮和也から受けた刺激について明かしています。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


大倉は、関ジャニ∞の最年少メンバーで、イケメンとして人気を集めています。

最近は、俳優としてドラマで活躍しています。

大倉は、過去に自身が俳優に向いていないと思ったことがあるそうです。

自身の挫折体験について言及しています。

大倉は演技経験がない状態で、突然初めて舞台に立つことになったそうです。

その舞台で、お客さんに笑われたといいます。

大倉にとっては、それが大きなトラウマになっていて、未だに苦手意識があるのかもしれないと本音を語っています。

誰でも、始めはうまく演じられないと思います。

その時に笑われてしまうと辛いですね。

絶対に、もうやりたくないと逃げ出したくなります。


そんな時、映画「大奥」で二宮と共演することになり、二宮から刺激を受けたといいます。

「スイッチもわからない。本番入る直前までしゃべってて、スタートってなったらそのまま演技されるので、“どうスイッチいれてんだろう?”って」と瞬時に役柄に切り替わる二宮に驚いたといい、「(僕は)本番っていう声がかかったら、『よし!』っていうときがあるけど、二宮くんはそういうのがなかった気がします。あの時間はいい経験だった」と、先輩との共演が俳優経験の糧となったことを明かした。

(モデルプレスより引用)


一流の役者は、急にスイッチが入って役になりきれるのでしょう。

慣れないうちは、どうしても緊張から力が入ってしまうのだと思います。

そして、不自然な演技になってしまうことが多いようです。

二宮ぐらいになってくると、本当に自然な演技ができますよね。

本当にすごいと思います。


大倉は、声をかけてもらえる間は頑張りたいと言っています。

毎回、これが最後かもしれないという気持ちで演じているそうです。

始めからうまい人なんていません。

場数を踏んで上達するものだと思いますので、これからも頑張って欲しいですね。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!