11月10日に放送された「月曜から夜ふかし」に、嵐・相葉雅紀が登場しました。

相葉は、MCを務める関ジャニ∞・村上信五とジャニーズに関するトークで盛り上がりました。

デビュー時に、相葉がパスポートを持っていたので、ハワイ行きが決まったというエピソードは有名ですが、この時のことについても語っています。


相葉と村上は、ジャニーズJr.時代からの付き合いだそうです。

ジャニーズの合宿所で同じだったようです。

この時のメンバーが非常に豪華で驚きます。

村上信五、二宮和也、相葉雅紀、横山裕、松本潤、渋谷すばるの6人だったそうです。

村上と二宮、相葉と横山が、一緒にお風呂に入っていたと言われています。

松本は実家が近かったので、頻繁に帰っていたそうです。

特に、相葉と横山は仲がよかったといいます。


もちろん、一緒に生活を共にしていますので、相葉と村上も仲がよいです。

その証拠に、Jr.の時に村上は相葉の家によく泊まりに行っていたそうです。

千葉にある実家のようです。

村上は、相葉の実家が千葉にあるということで田舎者扱いしていたといいます。

大阪にある村上の実家は、相葉の実家よりも田舎にあることがわかり、相葉は「騙されていた」と発言しています。

人のいい相葉は、すっかり騙されていたようです。

相葉は、騙されやすそうですからね。


相葉のデビューの話になりました。

先を越された村上ですが、相葉には頑張って欲しいという思いが強かったそうです。

相葉が、嵐に入れてよかったと素直に感じたといいます。

苦楽を共にした仲間がデビューすることになったのですから、応援したいですよね。

この時、誰もが嵐には滝沢秀明が入っていると思っていたそうです。

2人も同様だったようです。

全然知らない5人が嵐メンバーだと知って、マスコミも驚いていたといいます。


相葉と言えば、ハワイ行きの3日前にジャニー喜多川社長から、「YOUパスポート持ってる?」という連絡が入り、パスポートを持っていたことでハワイ行きが決まったというエピソードが有名ですね。

この話になると、相葉は自分は何番目に声をかけられたのかが気になるようです。

確かに、パスポートを持ってるという者が出てくるまで、何人にも声をかけた可能性があります。

そのため、何番目に声をかけられたのか気にならない方がおかしいですよね。

しかし、そのことが気になる相葉ですが、「そこは聞けてない。聞かない、一生!」と言っています。

もし1番目でなかったらと思うと、怖いのでしょう。

ジャニー喜多川社長が声をかけた順番が、期待していた順番なのですからね。

村上がここぞとばかりに、「ジャニーさんが覚えているうちに聞いておかないと」と相葉をいじります。

しかし、相葉は聞く気はまったくないようです。


ジャニー喜多川社長は、相葉がパスポートを持っていることを知ったうえで、あえて聞いたのだという情報もあります。

相葉はハワイでデビューする前に、Jr.として二宮、松本、櫻井翔、滝沢と一緒にロサンゼルスとラスベガスに滞在していたのです。

そのため、相葉がパスポートを持っているのは明らかだったというのです。

ジャニー喜多川社長がパスポートについて聞いたのは、ただの確認だった可能性があるといいます。

そうか、サプライズ好きのジャニー喜多川社長が、わざと相葉を驚かせようとして、詳しいことは言わなかったのかもしれません。

事実はどうなのでしょうか?

ジャニー喜多川社長にしか、事実はわからないでしょうね。


個人的には明らかにする必要はないと思います。

相葉はパスポートを持っていたから、ハワイ行きが決まったというエピソードは、伝説として残しておいて欲しいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!