SMAP・香取慎吾が、10日に行われた久光製薬の「フェイタス Zジクサス」新CM発表会に出席しました。

その席で、前日に開催されたナゴヤドームコンサートの秘話を明かしています。

香取は、中居正広と木村拓哉が揉めていると勘違いしたといいます。


SMAPは、現在5大ドームツアーの真っ最中です。

ツアーの真っ最中だというのに、他の仕事もしなければならないとは大変ですね。

マルチに活躍すると、本当に忙しいと思います。


香取は、9日に行われたナゴヤドーム公演での秘話を語っています。

ステージ上で、中居と木村がしゃべっていたといいます。

同じグループのメンバーなのですから、そんなに驚くことでもないように思えます。

しかし、香取にとっては一大事だったようです。

と言うのも、2人が本番中に話すことはほとんどないからです。

香取は、すぐに2人が揉めていると思ったそうです。

かなりの危機感を抱いたようです。


中居と木村は、揉めていたわけではないのです。

実は、2人はTシャツ衣装を取り違えて着てしまっていたというのです。

本来、中居が半袖で、木村がノースリーブだったのですが、逆になっていたといいます。

そのことで、2人がステージ上で話していたのだそうです。


2人が揉めていなくてよかったのですが、それより2人はあまり仲がよくないのでしょうか?

2人がステージ上で話をしていただけで、香取が揉めていると勘違いするのですからね。

普段、仲がよい2人なら、絶対に揉めているとは思わないでしょう。

香取の話で、2人はあまり仲がよくないことをバラしてしまったのではないでしょうか?

事実はわかりませんが。


今までに、衣装を取り違えたということはなかったそうです。

香取は、「音痴とイジられる中居の衣装を着ていた木村は、歌の調子が悪かったようだ」と言って、笑いを取っていました。

面白い冗談ですね。


今回のことで、中居と木村との仲が気になりました。

ただ、もうお互い性格などを知り尽くしていると思いますので、今更心配する必要はありませんね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!